hita-sanpo-大分県日田市のWEBマガジン-

大分県日田市在住のフリーライターがお散歩しながら、気ままに日田のイイトコ探し。移住者ならではのフィルターを通して、 おすすめのお店やスポット、ランチやパン、カフェといったグルメ情報、風物詩やイベントなどなど、日田の魅力をお伝えしているWEBマガジンです。

hita sanpo

日田の新たなランドマーク!JR日田駅の2Fにある[STAY+CAFE ENTO(ステイカフェ エント)]

2020年3月、JR日田駅の駅舎2Fにオープンした[STAY+CAFE ENTO(ステイカフェ エント)]。

f:id:anan0429:20200605143951j:plain

その名の通り、宿泊施設とカフェが一緒になっており、店内は日田杉のテーブルや小鹿田焼のランプシェードなどmade in HITAがそこかしこに。

上質な日田のモノに身近に触れ合える素敵な空間が広がっています。

列車を眺めながらひと息つけるカフェとして、この地を訪れる人々を迎える日田のエントランスとして、そして日田市民の憩いの場として早くも人気を博している、今注目のスポットをご紹介します!

f:id:anan0429:20200605143934j:plain

まずは、気になるカフェメニューをチェック!

f:id:anan0429:20200605144239j:plain

ランチメニューは2種類をラインナップ。

ご覧のワンプレートランチは、日田の食材を使った980円の「ENTOランチ」。不定期で献立が変わるので、どんな料理が味わえるかはお楽しみ。

もう一つは、スパイスたっぷりの元気が出る「カレーランチ(980円)」。

そのほか、日田の老舗パン屋さんのパンに挟んだ「ホットドッグ(500円)」やフライドポテトもあり、軽く腹ごしらえしたい時にもおすすめです。

f:id:anan0429:20200605144314j:plain

こちらは、涼し気な色合いのオリジナルソーダ(各400円/テイクアウト可)。 

巨峰・かぼす・オレンジ・レモン・ブルー・青りんご・ザクロ・キウイ&アロエなど様々なフレイバーが楽しめる、これからの暑い時季にぴったりの爽やかな味わいのドリンクです。

オリジナルの“日田コースター”と共に写真を撮ったら、ストローで混ぜて召し上がれ♡

今後は、SNS映え必至のスイーツメニューがどんどん登場するというから、ますます目が離せません。

f:id:anan0429:20200605144415j:plain

試作品ゆえ、写真はイメージです

新作はインスタグラムで随時紹介されるので、そちらもぜひチェックしてください。

そして、18時からはオリジナルカクテルなどが味わえるバータイムに。

昼とはまた違った夜の雰囲気のなか、一日の終りにひとりグラスを傾けるオトナな時間に浸ってみてはいかがでしょうか。

市内の人にも嬉しい宿泊スペースf:id:anan0429:20200605143801j:plain

白を基調とした木の温もりあふれる宿泊スペースは、電車ホーム側の2人部屋と2段ベッドの5人部屋に分かれています。料金は素泊まりで一人一泊3,300円(金・土曜・祝日前日は4,300円)。

観光客やビジネスパーソンはもちろん、友人や親戚が遊びに来た時のステイ先にも最適です。

f:id:anan0429:20200605144024j:plain

シングルベッドが2つ配された、ツインルーム

f:id:anan0429:20200605144053j:plain

学生の合宿や企業の研修にもぴったりな5人部屋

共有スペースには、WiFiやシャワールーム、宿泊者同士で談笑できるふかふかのソファーも完備。

f:id:anan0429:20200605144141j:plain

宿泊者のいないお昼の時間帯は子連れの食事会などにも利用できるそうで、ママも子どももまわりを気にせずにゆったり過ごせるようにという心遣いが嬉しいですね。

STAY+CAFE ENTOのSHOP DATA

[所]日田市元町11-1 JR日田駅 2F

[☎]0973-23-5701

[営]木〜月曜11:00〜21:00※火曜は16:00迄

[休] 水曜

[P] 有(3台)※要問合せ

この情報は2020.6.5現在のものです。お店の情報や商品の価格は変更になっている場合がございますので、事前に店舗へお問い合わせください。